SponsoredLink

消費者金融のグレーゾーン金利って?

消費者金融の金利について語るとき、よくグレーゾーン金利という言葉を耳にしますよね。あのグレーゾーン金利って、一体何なのか知っていますか?


消費者金融の金利を決定する元となる法律は2つあります。出資法と利息制限法です。この2つの法律の定める金利に大きな開きがあるため、その開きの部分の金利をいわゆるグレーゾーン金利と呼んでいるのです。


出資法は一定の条件を満たしている場合、29.2%を上限として金利を定められます。利息制限法は貸付額ごとに金利が細かく決まっていて、例えば10万円未満は20%、10万〜100万円なら18%、100万円以上だと15%だそうです。


つまり、消費者金融の金利で言われるグレーゾーン金利とは、出資法には違反していないけれど、利息制限法には違反している金利ということになります。


消費者金融の金利は、大抵の場合出資法を元に金利を決定しているので、金利が20%前半になっています。逆に銀行などは利息制限法を元に金利を決定しているので、消費者金融の金利に比べ、低い金利となっているのです。


消費者金融は審査が甘い分、回収不能になるリスクも大きいです。なので、消費者金融は金利を高くしているのです。銀行は逆に審査が厳しいですから、回収不能となるリスクが低いわけです。よって低い金利でも安心して運営できるということになります。

グレーゾーン金利廃止で消費者金融が変わる

消費者金融のいわゆるグレーゾーン金利。これは、出資法と利息制限法という二つの法律の定める金利に開きがあり、その部分の金利を指します。つまり、消費者金融の金利は、出資法に基づいて決められており、利息制限法には違反しています。ただ、利息制限法には罰則がないのです。


しかし、その消費者金融のグレーゾーン金利、とうとう廃止されることが決定しました。消費者金融の高い金利が元で、債務者の自己破産や家庭崩壊、自殺が社会問題化したのがきっかけです。結構悪質な取立てをしていた消費者金融も多かったみたいですしね。


消費者金融はグレーゾーン金利が廃止となれば、利息制限法に則った金利を設定することになります。つまり銀行系と変わらない金利まで、消費者金融の金利が下がるということになります。完全移行は2009年だそうです。


消費者金融からグレーゾーン金利が無くなるとどうなるか?現在のように簡単に審査を通してくれることはまず無くなるでしょうね。それこそ消費者金融も銀行並に厳しい審査になるのかもしれません。金利も審査も銀行並の消費者金融…、そこに需要はあるのでしょうか?


消費者金融の金利が下がるのは借りる側からすればありがたいことですが、その分借りにくくなるとすれば、一長一短ですね。消費者金融からグレーゾーン金利が完全に消えたとき何が起こるのか、今はまだ想像もできません。

消費者金融の金利って、実際はどれ位?

消費者金融の金利は高い…と、これはもう当たり前のように言われてますよね。実際に消費者金融を利用したことはない私ですが、返済しても返済しても利息分にしかならないというイメージがあります。さて、実際の所、消費者金融の金利ってどれ位なんでしょう?


消費者金融の金利を、ざっと調べてみました。CMなどでもお馴染みの、消費者金融専業の大手企業についてです。同じ消費者金融でも金利には多少幅があるようです。


武富士は10.0〜27.375%の幅があります。アコムはキャッシングが12.0〜18.0%、クレジットカード枠が12.0〜14.60%、不動産担保ローンで9.0〜14.0%です。


アイフルは12.755〜20.0%だそうです。三陽信販はキャッシングが14.90〜29.00%、目的・事業者ローンで9.00〜18.00%、不動産ローンで9.0〜15.0%だそうです。


プロミスはフリーキャッシングだと17.80〜25.55%、目的別ローンだと13.50〜19.50%です。目的別ローンは目的に応じた証明書を提出する必要がありますが、金利が随分安くはなるので、フリーキャッシングよりはお得ですね。


消費者金融の金利は、だいたい15〜29%位に集中しているようですね。銀行系だと12〜18%の金利がほとんどなので、やはり消費者金融の金利は割高と言えそうです。消費者金融は銀行より審査が甘い分、金利が割高なのも仕方ないのかもしれませんが…。


確かに消費者金融の金利は高いです。でも、返済しても返済しても…なんてことには、計画的に利用してればならないとは思います(笑)。とはいえ、消費者金融の金利より銀行の方がはるかに低い金利ですから、急場しのぎ以外では消費者金融を利用しないのが一番でしょうね。