SponsoredLink

消費者金融のグレーゾーン金利って?

消費者金融の金利について語るとき、よくグレーゾーン金利という言葉を耳にしますよね。あのグレーゾーン金利って、一体何なのか知っていますか?


消費者金融の金利を決定する元となる法律は2つあります。出資法と利息制限法です。この2つの法律の定める金利に大きな開きがあるため、その開きの部分の金利をいわゆるグレーゾーン金利と呼んでいるのです。


出資法は一定の条件を満たしている場合、29.2%を上限として金利を定められます。利息制限法は貸付額ごとに金利が細かく決まっていて、例えば10万円未満は20%、10万〜100万円なら18%、100万円以上だと15%だそうです。


つまり、消費者金融の金利で言われるグレーゾーン金利とは、出資法には違反していないけれど、利息制限法には違反している金利ということになります。


消費者金融の金利は、大抵の場合出資法を元に金利を決定しているので、金利が20%前半になっています。逆に銀行などは利息制限法を元に金利を決定しているので、消費者金融の金利に比べ、低い金利となっているのです。


消費者金融は審査が甘い分、回収不能になるリスクも大きいです。なので、消費者金融は金利を高くしているのです。銀行は逆に審査が厳しいですから、回収不能となるリスクが低いわけです。よって低い金利でも安心して運営できるということになります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5535626
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック