SponsoredLink

消費者金融の金利、払いすぎかも?!

消費者金融の金利は、出資法に基づいて決定されていることがほとんど。出資法はある一定条件を満たせば29.2%を上限に金利設定することが許されています。正直、数字を見るだけでも、恐ろしく高い金利だな〜と思いますよね…。


でも、消費者金融でお金を借り返済が厳しくなった場合に、特定調停というものを行うことができるんです。これは、消費者金融が出資法で決めていた金利を、利息制限法に基づいた金利で計算し直し、返済の負担を軽減するものです。


消費者金融の金利は出資法で決めていますが、利息制限法の金利で計算すると、金利を払いすぎていることがあるのです。この払いすぎている金利を消費者金融からの借入元本の返済に充当することで、返済負担を軽くするということですね。


なかには、消費者金融の金利を利息制限法で計算しなおしたところ、すでに完済していたということも。そういう場合には、消費者金融から払いすぎている金利やお金を返してもらうことができます。


ただし特定調停は、消費者金融からの借り入れの理由が、ギャンブルや浪費である場合には行うことができないので注意が必要です。


まともな(?)理由で、消費者金融から高い金利でお金を借りている場合は、一度この特定調停を考えてみるのも必要かもしれませんね。自分が気付いて無いだけで、消費者金融の金利を払いすぎているかもしれないなんて、あまりにも損な話ですから。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5535604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック