SponsoredLink

消費者金融の金利を引き下げる方法

消費者金融の金利、高いですよね。でも、その消費者金融の金利を引き下げる方法があるのをご存知ですか?消費者金融から借り入れして返済が厳しくなった場合に、弁護士や裁判所に間に入ってもらって行う特定調停というものが、それに当たります。


消費者金融の金利は、出資法に基づいて決められていますが、特定調停ではそれを利息制限法による金利で計算しなおします。出資法よりも利息制限法の方が金利が低いため、結果、消費者金融の金利が下がるということになるのです。


どうやって残りの返済をしていくのか、債務者の返済能力に応じて返済案を立て、消費者金融側と話し合いになります。消費者金融側が、利息制限法で計算しなおした金利に合意してくれれば、消費者金融の金利は実質的に下がったことになり、返済もその下がった金利の上で行っていくことになるのです。


ただし、お気づきの通り、特定調停はあくまでも話し合いです。消費者金融が計算しなおした金利に合意してくれない場合は、不調となることもあります。また、信用センターに調停を行ったという情報が残るので、以後5〜7年は借金ができなくなります。


高い消費者金融の金利、引き下げられるならそれに越したことはありませんが、そんな単純に上手い話なんてないのです。特定調停をした場合にはその後借金ができないなどのリスクもありますので、慎重に行う必要があります。


それよりなにより、特定調停をしなきゃならなくなるようなお金の借り方をしないように気を付けたいものですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5535599
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック