SponsoredLink

消費者金融のグレーゾーン金利って?

消費者金融の金利について語るとき、よくグレーゾーン金利という言葉を耳にしますよね。あのグレーゾーン金利って、一体何なのか知っていますか?


消費者金融の金利を決定する元となる法律は2つあります。出資法と利息制限法です。この2つの法律の定める金利に大きな開きがあるため、その開きの部分の金利をいわゆるグレーゾーン金利と呼んでいるのです。


出資法は一定の条件を満たしている場合、29.2%を上限として金利を定められます。利息制限法は貸付額ごとに金利が細かく決まっていて、例えば10万円未満は20%、10万〜100万円なら18%、100万円以上だと15%だそうです。


つまり、消費者金融の金利で言われるグレーゾーン金利とは、出資法には違反していないけれど、利息制限法には違反している金利ということになります。


消費者金融の金利は、大抵の場合出資法を元に金利を決定しているので、金利が20%前半になっています。逆に銀行などは利息制限法を元に金利を決定しているので、消費者金融の金利に比べ、低い金利となっているのです。


消費者金融は審査が甘い分、回収不能になるリスクも大きいです。なので、消費者金融は金利を高くしているのです。銀行は逆に審査が厳しいですから、回収不能となるリスクが低いわけです。よって低い金利でも安心して運営できるということになります。

グレーゾーン金利廃止で消費者金融が変わる

消費者金融のいわゆるグレーゾーン金利。これは、出資法と利息制限法という二つの法律の定める金利に開きがあり、その部分の金利を指します。つまり、消費者金融の金利は、出資法に基づいて決められており、利息制限法には違反しています。ただ、利息制限法には罰則がないのです。


しかし、その消費者金融のグレーゾーン金利、とうとう廃止されることが決定しました。消費者金融の高い金利が元で、債務者の自己破産や家庭崩壊、自殺が社会問題化したのがきっかけです。結構悪質な取立てをしていた消費者金融も多かったみたいですしね。


消費者金融はグレーゾーン金利が廃止となれば、利息制限法に則った金利を設定することになります。つまり銀行系と変わらない金利まで、消費者金融の金利が下がるということになります。完全移行は2009年だそうです。


消費者金融からグレーゾーン金利が無くなるとどうなるか?現在のように簡単に審査を通してくれることはまず無くなるでしょうね。それこそ消費者金融も銀行並に厳しい審査になるのかもしれません。金利も審査も銀行並の消費者金融…、そこに需要はあるのでしょうか?


消費者金融の金利が下がるのは借りる側からすればありがたいことですが、その分借りにくくなるとすれば、一長一短ですね。消費者金融からグレーゾーン金利が完全に消えたとき何が起こるのか、今はまだ想像もできません。

消費者金融の金利、払いすぎかも?!

消費者金融の金利は、出資法に基づいて決定されていることがほとんど。出資法はある一定条件を満たせば29.2%を上限に金利設定することが許されています。正直、数字を見るだけでも、恐ろしく高い金利だな〜と思いますよね…。


でも、消費者金融でお金を借り返済が厳しくなった場合に、特定調停というものを行うことができるんです。これは、消費者金融が出資法で決めていた金利を、利息制限法に基づいた金利で計算し直し、返済の負担を軽減するものです。


消費者金融の金利は出資法で決めていますが、利息制限法の金利で計算すると、金利を払いすぎていることがあるのです。この払いすぎている金利を消費者金融からの借入元本の返済に充当することで、返済負担を軽くするということですね。


なかには、消費者金融の金利を利息制限法で計算しなおしたところ、すでに完済していたということも。そういう場合には、消費者金融から払いすぎている金利やお金を返してもらうことができます。


ただし特定調停は、消費者金融からの借り入れの理由が、ギャンブルや浪費である場合には行うことができないので注意が必要です。


まともな(?)理由で、消費者金融から高い金利でお金を借りている場合は、一度この特定調停を考えてみるのも必要かもしれませんね。自分が気付いて無いだけで、消費者金融の金利を払いすぎているかもしれないなんて、あまりにも損な話ですから。